UVケア化粧品の選び方

美白・美肌に欠かせないのがUVケア化粧品です。UV=紫外線は肌にダメージを与え、肌の乾燥を招き、しみのもととなるメラニンの生成を促します。そんな紫外線を防いでくれるアイテムがUVケア化粧品です。UVケア化粧品によって肌表面に膜を作り、直接紫外線を浴びないようします。しかし、UVケア化粧品は間違った選び方をすると、却って肌を傷めたり、効果がないことがあります。正しい知識でUVケア化粧品を選んで美肌を守りましょう。紫外線防御能力を示す用語にSPF値とPA値があります。SPAは1~50の数字で表され、PAは+の数で表されます。SPFは値1につき20分程度の炎症防止効果があるとしてもので、例えばSPF15であれば20分×15=300分の効果が期待できるというものです。PAは日焼けをどの程度遅らせることができるかの分類で3段階で表示されています。つまりこれらの値は防止能力は同じで、防止効果の持続時間を示すものです。SPF値、PA値の高いものを使用していても汗をかいて流れ落ちてしまえば効果はない、ということになります。また、紫外線を防止する成分は紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類に分類されます。紫外線吸収剤は汗に流れにくく安定した紫外線効果が期待できる一方で、皮膚炎のリスクも高いのが欠点です。シミの原因が紫外線吸収剤の使用による皮膚炎であることもあります。紫外線散乱剤は皮膚に対する安全性も高くUVA・B波ともに防止効果がありますが、粉体であるため、肌からはがれやすい性質を持ちます。塗り直すことで欠点を補いましょう。

コメントは受け付けていません。

レーザーによるしみ治療

しみ治療法の1つにレーザー治療があります。年齢を重ねると共に気になるのがしみです。Qスイッチルビーレーザーというレーザーを使うしみ治療に関心が集まっています。レーザーを用いたしみの治療は、肝班でなければ有効になります。光治療でもしみに対しては対処ができますが、光では効果が十分でないようなこいしみでもレーザーは役立ちます。個々のしみに対して1分とかからないことが、Qスイッチルビーレーザーで治療する時のメリットであるといいます。レーザーでのしみ治療は、輪ゴムで皮膚を弾く程度の痛みがあります。光治療よりも多少痛みが強いようですが、麻酔クリームを塗るのであまり気にならない人が多いようです。しみの治療のためにレーザーを使うことで、短時間で、さほど回数を重ねずとも治療をすることができます。レーザーでのしみ治療は、一回の施術できれいにしみを除去することが可能です。光治療は肌が荒れやすい人でも、レーザーのほうが安心です。しみが濃くない時にレーザー治療を行うと、しみの部分が目立つようになってしまうこともありますので、気をつけることです。しみの治療に対してレーザーを使う時には、まずメイクを落とし、麻酔クリームをつけてからしみのある部分にレーザーをあてます。しみがあった場所は、肌が回復するまで絆創膏をします。しみの治療を目的としてレーザーを使うという方法を、選択肢に入れてみてはどうでしょうか。
ミュゼに電話する

コメントは受け付けていません。

しわやたるみとコラーゲンのサプ...

お肌のコラーゲンが減少するとしわやたるみが多くなりますが、コラーゲンの補給はどうすればいいものなのでしょう。コラーゲンは食物からも摂る事ができます。フカヒレ、鶏皮、鳥軟骨、牛すねや豚足など、コラーゲンをたくさん摂取できる食べ物はいろいろあります。コラーゲンを食事から摂取するなら、鶏手羽、牛すね、煮こごりなどの料理を食べるようにすることがおすすめです。ただし、コラーゲンが多い食べ物は、高カロリー食品が多いようです。コラーゲンのサプリメントは、カロリーを補給してしまうことなく、コラーゲンだけを手軽に体内に取り入れることかできます。コラーゲンをサプリメントで摂取する場合、併用することでより美肌効果が高まる成分もあります。ビタミンCは、コラーゲンの吸収を助け、コラーゲンの生成を促します。しわやたるみを目立たなくするためには、ビタミンCサプリメントも有効です。加齢による肌の老化を抑制するには、ビタミンEのサプリメントで血流をよくするといいでしょう。コラーゲンサプリメントと同時に使うことで、新しい肌をつくるサイクルを早めます。しみやたるみのないお肌になるためには、ビタミンやコラーゲンが重要な成分です。しわもたるみもない、弾力のあるお肌になるために、サプリメントを使って体の内側から変えていきましょう。

コメントは受け付けていません。

耳つぼダイエットの方法

リバウンドのリスクが少ないダイエット方法として耳つぼダイエットは注目されていますが、実際にはどういった手段がとられるのでしょう。耳つぼを刺激する耳鍼灸は針治療と同じように先の尖った針を耳つぼに刺して施術を行うもので痛みを伴います。ダイエットのためとはいえ痛いのは避けたいという人は多かったようです。シールを貼ることで、耳つぼを刺激しやすくなりました。肌色のシールを貼るというもので、見た目に違和感があるものだったため、女性の評判はあまりよくなかったようです。近年では、シールのかわりに耳つぼジュエリーを使うようになっています。スワロフスキーを使って、アクセサリーをつけるように耳つぼの部分につぼの刺激ができるようにしたものが耳つぼジュエリーです。耳つぼダイエットをしたいという女性に今大人気で痛みや副作用もありません。耳つぼジュエリーを使う耳つぼダイエットのいいところは、ファッション感覚でみみつぼの刺激具を装着できることです。若い人でも、可愛い見た目に惹かれて耳つぼジュエリーを使う人もいます。それ以上の人にとっては、ダイエットの心強い味方となります。痩身のような、自分自身の体質をどのように変えたいかで耳つぼジュエリーをつけ、外見は好きな色や形を選択できるのです。美容やダイエットに興味がある女性にとっては、ファッショナブルで健康にもいい耳つぼダイエットは嬉しい存在です。
LAVAのホットヨガ予約

コメントは受け付けていません。

顔と口元の若返り

顔の中でも気になる口元の若返りについて調べてみました。口元のほうれい線は、年をとった印象を一層強調します。口元の小じわやたるみは、年齢を重ねるにつれて数が多くなり、深く刻まれがちです。口元の皮膚がたるみ、しわがたくさんできると、口をとがらせた時に梅干しのような見た目になったりします。口元のエクササイズをすることで口まわりの血流がよくなり、筋肉がよく動くようになって、口元のしわやたるみを減らすことができます。顔の筋肉を鍛える筋トレとして、顔のエクササイズを行うという方法です。継続することで、エクササイズは効果があります。口元エクササイズの具体的な方法は、ネットの美容紹介サイトや、美容雑誌などを調べると、様々な方法を知ることができるでしょう。ネットで、口元と若返りなどの言葉で検索をすると、いろいろな若返りのエクササイズ方法が出てくると思います。まずはっきりとした笑顔になり、その笑顔を10秒維持します。これを何度か繰り返すだけでも、顔の若返りエクササイズになります。あいうえお、を一言一言はっきりと言うことも、エクササイズになります。お、と発声する時には、唇を口の内側にまるめます。そのまま10秒維持することで、エクササイズの効果が発揮されます。顔のエクササイズは気軽に、簡単にできるものですので、ちょっとした時間の合間に実行する習慣をつけるのもいいかもしれません。若返り効果があるエクササイズを気長に続けることで、年齢の影響を受けない若々しい顔であり続けることができるでしょう。

コメントは受け付けていません。

顔の若返り

顔の若返りについてです。誰でもいつまでも若々しくいたいと思うものです。若返りの有効な手法はないかと、色々探しているという人もたくさんいます。顔を若返らせたいという人が若返りを実行する時は、どういったことが効果があるでしょう。年を取ると、どうしても加齢の影響が顔に表れて見えますが、口元と目元のお手入れをすることで、若返りの印象を人に与えることができるようです。顔の若返りには、目元と口元をどんな風に見せるかが、大きな影響を持ちます。口元のほうれい線は、加齢による影響がとてもはっきりと出てしまう場所です。ほうれい線は割と若い人でも、口元にできる事があるしわですが、このほうれい線がなぜ出来てしまうかについてご存知でしょうか。顔には、皮膚を動かし表情をつくるための筋肉があります。筋肉が年と共に弱くなると、皮膚が垂れ下がってたるみやほうれい線になります。顔の皮膚を剥ぐと、その下は筋肉があります。ただ、よく使う筋肉は全体の30%程度で、残りの筋肉は力を加えられることは滅多になく、意識されることもありません。筋肉は、使えば増強されますが、使わなければ弱っていきます。顔の筋肉が弱くなることで、皮膚がたるむわけです。筋肉の衰えが皮膚のたるみにつながるのは顔の筋肉に限った話ではなく、例えば二の腕も筋肉が減れば、それによって腕のたるみが目立ちます。年と共にふえるたるみやしわが気になるという人は、顔の筋肉を意識して使い、顔の皮膚を引き締めて若返りに努めるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

光によるしみ治療

しみ治療の中でも最近人気があるのが光による治療法です。光によるしみ治療とは、IPLと呼ばれる特殊な光を肌に照射する治療です。お肌にしみができるのは、メラニン色素が沈着するためです。IPLではメラニン色素を壊し、コラーゲンの生成を活発にして肌を引き締めます。レーザーと光とは、波長が違うという点があります。レーザーの方が波長が強いため、光のは肌の浅い範囲に効果があります。光は、しみ治療をした時にテープをつけなくてもいいというものです。2センチ×1センチ角を一度にまとめて施術できることも、光治療のいい点です。皮膚の透明度がよくなり、ハリのある肌になる効果が、光による広い範囲の治療にはあります。レーザー治療と異なりパワーが少しゆるいので、深い部分のしみには向いていません。濃くはっきりと表面に見えるしみはどんどん取れていきます。日本人のお肌の特性に合わせてつくられた、ライムライトという光治療の装置があります。お肌の色や、肌質に合わせて器機の設定を調節し、そばかすや、薄いしみに対しても治療をすることが可能です。肝班というしみを治療することもできます。光治療を施した後は、しばらくの間は患部に無用な刺激を与えないようにします。触らずそのままにしておくことで、かさぶたが徐々に取れていきますので、いじらないようにすることです。この頃は、光を使うしみ治療も簡単にできるようになりましたので、興味がある人は検討してみてください。

コメントは受け付けていません。

経口と外用薬によるしみ治療

お肌のしみに悩んで治療を考えている人も多いようですがどのような治療があるのでしょうか。医療機関が薬を出してもらって、しみを治療するという方法があります。化粧水やサプリメントで美白を試みる方法もありますが、6カ月続けて効果がなければ、病院での治療が確実でしょう。医師から処方されるしみ治療の薬としては、ビタミンCが多いようです。しみをつくるメラニン色素を減らす効果があります。しみの治療には、トラネキサム酸を用いる場合もあります。病院では、飲み薬だけでなく塗り薬も使うように指導されるようです。塗り薬には、レチノインとハイドロキノンがよく利用されます。しみの原因が表皮部分にある時は、レチノインの塗り薬が処方されます。表皮細胞に作用して新しい細胞を増やし、肌のターンオーバーを数倍に高めます。たまったメラニンを押し上げ排出する治療法です。しみのない白い肌にする効果がハイドロキノンにはあるため、肌を白くしたいところに塗ります。病院で処方される薬は肌への負荷が大きいものなので、病院で言われたとおりの使い方をすることがポイントです。ケミカルピーリングは、外用薬を用いた代表的なしみ治療法です。古くなった皮膚を取り去り、新しい皮膚ができるように、酸性の薬液を肌につけるという治療方法が、ケミカルピーリングと呼ばれるものです。施術直後は紫外線による刺激に弱くなっていることが、ケミカルピーリングによるしみ治療の注意点です。

コメントは受け付けていません。